無料相談・お見積り
\ 好評!無料相談 /日本全国たくさんのご相談頂いてます!

\ 予算が限られる中小企業向け /

スマホ対応
ホームページ制作

インターネット利用の
約70%がスマホ

今や生活必需品となっているスマートフォンですが、NTTドコモ・au・ソフトバンクは2026年までに順次3Gサービス終了することを告知しており、これまでガラケーを利用していた中高年・シニア層にもスマホ買い替えが進んでいます。

シニアに至ってはすでにスマホ所有率89.2%と高い水準となっており、総務省「令和3年度通信利用動向調査」によるとスマホの世帯保有率は88.6%、個人保有では74.3%と年々伸びています。

さらにインターネットを利用している割合は全体でも80%以上になり、スマホ保有率が堅調に伸びていることからスマホでのインターネット利用率はパソコンの48.1%を上回り、68.5%と高い水準になっています。スマホでのインターネット利用が年々高まる傾向にあり、スマホ対応したホームページへの切り替えは急務となっています。

主な情報通信機器の保有状況(世帯)
インターネット利用機器の状況(個人)

※総務省「令和3年度通信利用動向調査」より

Google SEO対策にも
スマホ対応は必須

2015年よりスマホに対応したホームページの検索順位を上げる「モバイルフレンドリーアップデート」が、2018年にはスマホサイトを元にインデックス(登録)と検索順位の評価をしていく「モバイルファーストインデックス」が採用され、Google検索においてPCサイトよりもスマホサイトが評価基準になっています。

また、情報の正確さや信頼性、その分野での専門性の高さ、ページの表示速度、SSL(https)による通信の安全性など多岐に渡る項目でホームページの品質と価値を評価されています。そのため、検索エンジンからの流入を狙うのであれば、ただスマホ対応にするだけでなく、総合的にSEO対策の施策を行うことが必要になってきます。

MOBILE FIRST INDEX,MOBILE FRIENDLY UPDATE

スマホ対応ホームページにしないと
どんなデメリットがある?

スマホで見辛いと離脱され機会損失に!

スマホで見るPCサイトは拡大しなければ見ることも困難なため、ストレスを感じたユーザーはすぐに別のサイトへ移動してしまいます。
Googleは直帰率が高いページはユーザーが求めていた情報を提供できなかったページと判断しており、検索順位にも悪影響が出ます。

検索順位を落とす原因に!

ユーザー体験を重視するGoogleはスマートフォン対応したサイトを優先的に検索データベースにインデックス登録する「モバイルファーストインデックス」を採用しており、スマホ対応していないサイトは検索順位を落とす原因になります。

電話からの問い合わせを逃すことに!

通常、パソコンからでは通常電話をかけることはできませんが、スマホサイトでは電話番号にリンクを貼ることできるため、スマホから直接電話をかけることができます。思い立った時にすぐに電話がかけられるかどうかは移ろいやすい見込み客獲得には欠かせません。

表示速度が遅いとSEOに悪影響

PC用の画像はサイズが大きく、携帯電話のネット回線では負担になり、表示速度低下を招きます。
表示速度が遅いページはユーザーにストレスを与えるものとして、Google検索順位にも影響があるため、可能な限り表示速度を高める施策が必要になります。

スマホ対応のポイント

01

デザイン・ユーザビリティ

ターゲットユーザーや事業内容を考慮したデザインはもちろんのこと、デバイスごとの特性や読み飛ばしながら読むユーザーにも伝わるユーザビリティを意識したデザインワークを行います。

成果に繋げるデザイン

オーダーメイドでオリジナルデザイン制作

デザインの印象はとても重要です。印象の悪いデザインには不信感を抱いたり、お金を払う価値があるのか商品やサービスの質を疑う懸念を与えてしまいますが、TNGC Graphicsではお客様の業種・特徴・ターゲット・同業他社を踏まえて、見込み客に与える印象を考慮したデザインを行いますので、会社や商品、サービスに高い期待感と安心感を与え、成果にも繋がりやすくなります。

もちろん全てオーダーメイドで制作しており、デザインテンプレートは一切使用していませんので、どこかのサイトとデザインが被ることもありません。

ホームページオリジナルデザイン制作
デバイスの特性を考慮する

ユーザビリティを考えた「レスポンシブデザイン」

ホームページを閲覧するユーザーはPC・タブレット・スマートフォンなど様々なデバイスを利用しています。

画面を広く利用できるPCでは2列、3列と様々なレイアウトで多くの情報量を掲載できますが、スマートフォンは画面が小さく、情報量やレイアウトにも限りがあり工夫が必要です。

PC・スマートフォンでそれぞれの特性を考慮したレイアウト、スマートフォンでも分かりやすく押しやすいボタン、目的のページや該当箇所に移動しやすいナビゲーションなどユーザビリティに配慮したデザインを行います。

レスポンシブデザイン
読み飛ばしても読みやすく

読みやすさを意識した「可読性」

多くのユーザーは自分の探している情報があるのか、読み飛ばしながら見ています。そのため、読み飛ばしながらでも情報を見つけられるような配慮が必要になります。

子供や年配の方がターゲットユーザーの場合やスマホ画面の場合、小さな文字では読みづらいため、文字の大きさや行間を広く取ったり、段落を要約したり読み進めたくなるような見出し・小見出しを付けたり、大事な箇所には目立つ色使いや蛍光マーカーのような装飾をつけたり、記事に目次を付けクリックすると該当箇所まで自動スクロールするなど読みやすくなる工夫をした制作を行います。

可読性
PC・スマホの特性を考慮した

デバイスに合わせた「CTA」

お問い合わせボタンや資料請求ボタンなどユーザーに取ってもらいたい行動に誘導することを「Call To Action」といいます。

このCTAはヘッダーやフッター、本文中など用途に応じて様々な場所に配置しますが、表示領域が大きく取れる”PC”と画面が小さい”スマートフォン”ではそれぞれに合った工夫が必要です。

例えば、PCではブラウザの右にスクロール追従するボタンを配置した場合、スマートフォンでは文章を読む妨げになるため、スマートフォンではCTAに必要な情報やボタンをブラウザの最下部に固定表示させ最適化するといったようにPC・スマホそれぞれの特性を考慮して制作を行います。

PC、スマホでのCTAの変更例
気になったらすぐに電話!

電話番号リンクで直接電話

お客様から直接電話をいただくことが重要なCTAの場合、電話番号を入力する手間を省いて、思い立った時にすぐに行動してもらえるような配慮が必要です。

PCとスマホでそれぞれの特性に合わせて表示場所を考慮するとともに、大半のパソコンには電話をかける機能はないためパソコンでは電話番号のリンクを無効にし、スマートフォンではリンクを有効にして直接電話をかけられるように制作します。

電話番号リンクで直接電話
02

モバイルフレンドリー

Googleは2015年にスマホ対応したホームページの検索順位を上げる「モバイルフレンドリーアップデート」を、2018年にコンテンツの品質を計る基準をスマホサイトを中心にした「モバイルファーストインデックス」を採用しました。このため、Googleの評価基準に沿ったスマホ対応が必須となっています。

Googleモバイルテストに合格する

スマホ対応チェック「モバイルフレンドリーテスト」

Googleではスマホでのユーザー体験をチェックできるツール「モバイルフレンドリーテスト」を公開しています。

「モバイルフレンドリーテスト」ではコンテンツが画面を超えて表示されていないか、フォントサイズが小さすぎないか、クリックできるボタンやリンクが押しやすいかなどスマホで閲覧した時に快適に表示できているかをチェックしていますので、全ての項目で合格するよう制作します。

モバイルフレンドリーテスト
PC・タブレット・スマホ対応!

レスポンシブコーディング

PC・タブレット・スマホそれぞれに同じコンテンツ、同じURLで表示できること、制作・管理のしやすさからGoogleはレスポンシブコーディングによる制作を推奨しています。

ホームページは様々なデバイスで見られますが、ブラウザによってHTMLの解釈が異なりますので、OS(iOS・Andoroid・Mac・Windows)、主要ブラウザ(Safari・Chrome・Firefox・Opera)それぞれで表示崩れがないかしっかり検証を行って納品します。

レスポンシブコーディング
03

SEO対策・CMS

Googleの検索評価基準は多岐に渡り、スマホ対応は評価基準の1つに過ぎません。Google検索からの自然検索流入を狙うのであれば、適切なキーワードの選定、キーワードを元にしたサイト構成、専門性を高めるためのコンテンツ、快適なユーザー体験を約束するユーザビリティと表示環境など多くの施策が必要となります。

訪問しないと始まらない!

Google検索評価基準の「SEO対策」

どのようなキーワードに検索需要があるのかを調べ、ターゲットキーワードを元にサイト構成・コンテンツを作成します。

内部リンク、HTMLタグの適切な設定、表示速度改善、スマホ対応最適化など、Googleが公式にアナウンスしているSEO評価基準に添って制作を行います。

Google SEO対策
Google検索評価基準のSEO対策
Googleも認める!

SEOに強いCMS「ワードプレス」

お知らせやブログ、実績、物件情報など様々なコンテンツを自社で更新できるようにしたい場合、コンテンツ管理システム(CMS)を利用したホームページ制作がおすすめです。

ワードプレスは関連トピックを繋げる”内部リンク”やトピックに特化した”専門性”などGoolgeがSEOで評価する様々な施策を効率的に行うことにも適したシステムです。

WORDPRESS制作
SEOに強いCMSワードプレス
だから

制作品質と実績が
Webのプロから評価されています!

Web幹事ロゴ

Web幹事様

ホームページ制作を発注できる東京都のフリーランスをプロが厳選!

ピッタラボロゴ

ピッタラボ様

フリーランスへのホームページ制作依頼おすすめ15選!

比較ビズロゴ

比較ビズ様

フリーランスのホームページ作成相場はなぜ格安?Webデザインの項目で比較!

富山工房ロゴ

富山工房様

東京都のおすすめホームページ制作会社

わどぷれロゴ

わどぷれ様

東京都でWordPress(ホームページ)が制作できる会社・フリーランス

78D Solutionロゴ

78D Solution様

東京都小平市の素敵なホームページ制作会社5社を調査!

W2Bロゴ

W2B様

東京でホームページ制作の発注におすすめのフリーランス17選

株式会社WebClimbロゴ

株式会社WebClimb様

東京都のホームページ制作会社12選【HP作成】おすすめWeb制作会社【2022年版】

DESIGN47様

LP(ランディングページ)の制作を頼むならどの会社?【89社料金表一覧】

デジハリONLINEロゴ

デジハリONLINE様

Webデザインの参考に!ハイレベルなポートフォリオサイト21選

TNGC Graphicsをご紹介していただいた
ページのまとめはこちらをご覧ください。

制作実績

JEDIS 日本イベント業務管理士協会

JEDIS 日本イベント業務管理士協会

https://www.jedis.org/
再婚縁結び

結婚相談所 再婚縁結び

https://saikon-enmusubi.com/
ソフトプラン株式会社

ソフトプラン株式会社

https://www.splan.jp/
株式会社KFライズ

美術製作 株式会社KFライズ

https://www.kf-rise.com/
三陽電機製作所

三陽電機製作所

https://s-sanyo.co.jp/
シンプル相続

司法書士・行政書士まつむら事務所「シンプル相続」

https://matsumura-office.net/simple_souzoku/
相続手続き・相続対策 三嶋司法書士事務所

相続手続き・相続対策 三嶋司法書士事務所

https://3-office.com/
全国公益法人協会

全国公益法人協会

https://koueki.jp/
スタンダーズ株式会社

スタンダーズ株式会社

https://www.standards.co.jp/
株式会社京映アーツ

株式会社京映アーツ

https://www.kyoei-arts.com/
株式会社トップ

株式会社トップ

https://www.sp-top.com/
株式会社スプリングボード

株式会社スプリングボード

https://www.springboard-jp.com/
不動産売却専門CUBE

不動産売却専門CUBE

https://www.cube-realtor.co.jp/
豊国コンクリート工業株式会社

豊国コンクリート工業株式会社

https://www.hohkoku-c.co.jp/
DJ BAR FOR BEAT 田無

DJ BAR FOR BEAT 田無

https://www.forbeat.net/

制作料金

小さくシンプルに始める

SMALL

制作費目安 30〜70万円

まずは小さくスタートしたい方、基本的な内部SEO対策や会社案内や業務内容、お知らせ、お問い合わせがあれば十分な方におすすめです。

  • 無料見積もり・無料提案
  • オリジナルデザイン
  • スマホ対応サイト
  • ワードプレス
  • お問い合わせフォーム
  • 内部SEO対策
  • Google Analytics 無料アクセス解析
  • Google Search Console
  • モバイルフレンドリーテスト
  • 表示速度改善
  • セキュリティ対策
  • HTML5+CSS3コーディング
  • 構造化データ
  • 原稿作成サポート
  • 更新マニュアル
商品や実績を自分で更新

STANDARD

制作費目安 60〜90万円

ワードプレスのカスタム投稿機能を使って例えば実績や事例、商品などをご要望に応じたフォーマットでご自身で投稿できるようにしたい方におすすめです。

  • 無料見積もり・無料提案
  • オリジナルデザイン
  • スマホ対応サイト
  • ワードプレス
  • お問い合わせフォーム
  • 内部SEO対策
  • Google Analytics 無料アクセス解析
  • Google Search Console
  • モバイルフレンドリーテスト
  • 表示速度改善
  • セキュリティ対策
  • HTML5+CSS3コーディング
  • 構造化データ
  • 原稿作成サポート
  • 更新マニュアル
SEOに強いサイトに

ADVANCED

制作費目安 70〜150万円

Googleで検索される膨大なキーワードから御社に最適なターゲットキーワードを設定。1テーマ1ページでサイト構成を作成し、積極的にSEO対策を行いたい方におすすめです。

  • 無料見積もり・無料提案
  • オリジナルデザイン
  • スマホ対応サイト
  • ワードプレス
  • お問い合わせフォーム
  • 内部SEO対策
  • キーワードを元にしたサイト構成
  • Google Analytics 無料アクセス解析
  • Google Search Console
  • モバイルフレンドリーテスト
  • 表示速度改善
  • セキュリティ対策
  • HTML5+CSS3コーディング
  • 構造化データ
  • 原稿作成サポート
  • 更新マニュアル
  • 制作内容はお客様のご要望によって仕様が変わります。ご依頼内容に応じてお客様ごとに設計を行いますので上記制作費目安の金額は参考価格とご理解ください。
  • 制作費以外に毎月かかる費用はございません。(公開後のワードプレス年間保守契約ご希望の場合は別途費用がかかります)
  • ドメイン取得・ホスティングサーバにかかる初期費用および月額料金はお客様のご負担になります。

ご予算やホームページで叶えたいことはお客様によって様々です。
ご予算が限られているがサービスをしっかり伝えたい方にはランディングページのように1ページの縦長シングルページにまとめることで費用を抑えたり、お客様一人一人に合わせた提案をしておりますのでまずはご相談してみてください。

制作の流れ

01 | お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームからどのようなホームページを希望しているのか簡単で結構ですのでご入力していただき送信ください。
内容を拝見させていただいた上で、お打ち合わせの日程を調整させていただきます。
02 | ヒアリング
お客様がホームページを利用して何を叶えたいのか、抱えている問題などをヒアリングさせていただきます。
基本的にZOOMやGoogle Meetなどオンラインでのお打ち合わせをお願いしておりますが、相談内容に応じて直接お会いしてお打ち合わせが必要な場合はお伺いさせていただきます。
03 | お見積もり・提案書
ヒアリングしたご要望を元にご提案書とお見積もりを作成いたします。
04 | ご契約
ご提案内容に了承していただけましたら、オンラインで契約手続きが完結するクラウドサインを利用して契約書を交わさせていただきます。
着手金として制作費の50%をご請求させていただきます。
05 | ワイヤーフレーム制作
必要なページをリストアップし、どのページにどのような内容のコンテンツを配置してレイアウトするのかを具体的に落とし込んだ設計図(ワイヤーフレーム)を作成します。
06 | 原稿および素材のご提供
ワイヤーフレームを元に弊社からこのページにはこのような内容の原稿をお願いしますと、各ページに掲載する原稿をお客様にご用意いただきます。
原稿はユーザーに伝わるのか、不足はないかなどチェックし、ブラッシュアップのご提案をいたします。
またご用意可能なロゴデータや写真、カタログ、資料などがございましたら提供をお願いします。
ご用意できない場合でもロゴ作成・カメラマンによる撮影・ロイヤリティフリー写真の利用・ライターの手配などにも対応にも対応しておりますのでご相談ください。
07 | デザイン・コーディング・WORDPRESS化
ワイヤーフレームを元にデザインを作成いたします。 完成したデザインを元にパソコン・タブレット・スマートフォンのブラウザで閲覧可能な形に構築しテストサーバにアップロードいたします。
お手持ちのパソコンやスマートフォンでの閲覧に問題がないか、記載に誤りはないか、要望通りに仕上がっているかなどのご確認をしていただきます。
08 | 納品・お支払
検証テストが完了しましたら、晴れてアップロードして公開です。
お支払いは作業完了月の翌月末のお支払いをお願いしております。

よくある質問

ウェブサイト・ホームページの知識がありません。依頼しても大丈夫ですか?

問題ございません。
お客様にホームページの知識がなくても、御社のことやホームページを使って何をしたいのかをお聞かせくだされば、御社の事業・サービスを最大化するお手伝いをさせていただきます。まずはお問い合わせから始めてみてください。

オンラインまたはお会いして打ち合わせをしたい。

まずはメールフォームよりお問い合わせください。どのようなご依頼内容かお伺いしてから、御社のご都合の良い日程でお打ち合わせさせていただきます。基本的にZOOMやSkype、Google Meetなどオンラインを利用したお打ち合わせをお願いしております。ご相談内容の性質上、直接お会いした方がよろしい場合はお伺いさせていただきます。お打ち合わせは無料です。

依頼対応エリアを教えてください。

ZOOMやGoogle Meetなどオンラインでのお打ち合わせに対応しておりますので、日本全国からのご依頼に対応可能です。
直接お打ち合わせ可能なエリアは以下となります。
●東京都23区
(中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区)
●東京多摩地域
(昭島市・あきる野市・稲城市・青梅市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市・奥多摩町・日の出町・瑞穂町・檜原村)
●埼玉県南部

お見積もりは無料ですか?

無料です。
お問い合わせフォームよりご連絡をいただき、ご要望などヒアリングさせていただきます。ご提案書とお見積もりを無料にて提示させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

制作の料金はどれぐらいかかりますか?

1点もののオーダーメイドで制作するため、案件ごとに制作内容が変わってまいりますので一概に制作費はいくらになるということは申し上げられません。
お客様のご予算とご要望に応じて制作しておりますのでまずはご相談してください。
目安として、料金表ページに制作プランを掲載しております。ご参考ください。

予算に限りがあります。ご相談に乗っていただけますか。

ご予算に合わせて御社の目的に沿った提案をさせていただきます。

着手金は必要ですか?

ご契約となりましたら、着手金として制作費の50%をお振込いただきます。お振込確認後、制作を開始致します。納品できましたら、翌月末までに残額をお振込いただきます。制作期間が3ヶ月を越すような長期の制作になりますと、中間検収として残額の一部をご請求させていただくこともございます。

納期について教えてください。

案件ごとに制作期間は変わってまいります。通常は1~3ヶ月程度になります。案件の内容によっては2週間〜1ヶ月で制作する事も可能ですのでご相談ください。

ワードプレスの有償・無償テーマを使った制作の依頼はできますか?

申し訳ございませんが、デザインからサイト構成まで全てオーダーメイドで制作することを基本としておりますので、既存の有償・無償テーマを利用したカスタマイズはお受けしておりません。

ショッピングサイト・ECサイトの依頼はできますか?

決済などを含むショッピングカート機能を外部ASPサービス(eshopカートSまたはイージーマイショップ)を利用する場合のみお受けすることが可能です。
EC Cubeやワードプレスのカートプラグイン(woocommerceなど)のECサイト構築は現在のところ承っておりません。

準備するものはありますか?

ロゴ、写真、原稿、Googleアカウントなどをご用意いただきます。ご用意できない場合でもロゴ制作、プロカメラマンによる写真撮影、写真・イラスト素材の購入で対応可能です。
Googleアカウントはプライベートで利用しているアカウントではなくビジネス用に普段使用されているアカウントか、改めて新しく作成していただきます。

ロゴや写真などの用意ができません。

ロゴの制作もお受けしております。 写真はプロカメラマンによる撮影他、ロイヤリティフリーの写真素材の購入で対応可能です。
制作パートナーにプロカメラマンがおりますので、撮影内容の打ち合わせからスケジューリング、現場撮影まで一貫して対応可能です。撮影費用は撮影内容や撮影時間によって変わってきます。一日あたり8万円からお受けしておりますので詳細はご相談ください。